不定期なe日記


by keishi-keishi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カレー

伊藤由奈の「trust you」って曲がいい感じ。


金曜日の昼、客先に出てて昼食を食べる時間がずれてしまったので「なんかうまいものでもないかなぁ」と考えているとカシミールを思い出した。
かなり変な店で
 ・平日のみOPEN
 ・OPEN12:00なのに13時過ぎに開けたりする
 ・客が何人待っていようがお構いなしで1皿ずつ作るので大混雑
 ・15時くらいには材料がなくなったといって店を閉める。
てな感じ。しかしカレー通で知らない人は無く、日本一とも言われている。
(味の好みや店の対応に賛否両論あるのでLINK先の口コミ見てください)

f0027255_19312283.jpg


客先が中之島だったので京阪に乗ってなにわ橋まで行って行く。
店に到着したのが14時過ぎ。
店の中に4名程度並んでいて、店の外で10分くらい待っていると店主が出てきて


「今日は終わりです」


なんじゃそりゃ?


14時に材料が無くなるってことは1日に何皿売る気なんだ?
(後で行った人に聞きましたが、相当変わっている人らしいです)


まぁ、愚痴っても仕方がないので会社まで歩きながら昼食できるところを探す。

俺様の口はすっかりカレーモードなのに14時半に放り出されたのでどこもランチは終わってる。

妥協して会社の裏にある郵便局の隣の居酒屋が開いていて、昼に親子丼を出していたので滑り込んだもののくそまずくて半分残して店を出る。

一応、口に物を入れたのでカレーモードは落ち落ち着き仕事に戻る。夕方はジムでバイクと筋トレをした後、ヨガを1時間する。


夜にBarに行ってその話しをしたら、隣の客がインディアンカレーを食べてきた話を始める。


運動後で腹が空いているのと、昼に食べれなかったことが相乗して、また俺様の口はカレーモードに。23時を過ぎてうまいカレーを出している場所を考えていると大開の天洋で100時間カレーが食べれることに気づく。

チャリを数分漕いで天洋に入ったのだが、なぜか同時に入った別客が10人くらい居て、注文を聞くアホっぽいデブのニーチャンが水も出さず、順番通りに注文を聞きに来なかったのでムカついて何も食べないまま店を出る。

結局、金曜日はカレーが食べれないままに。

(あ・・・、これ書いていたら自分が子供っぽいことしてるなぁ・・・って改めて思いました)


今日の昼食はカレーを食べようと思い、色々調べているとブルーノがHEPの中にあるのを見つけた。
10年くらい前、大阪に来たばかりの僕は右も左も判らず心斎橋あたりをウロウロしていたのだが、その時に食べて美味しくて衝撃を受けたカレー屋である。
フルーツの甘さの残るルーと、バターライスの上にほしぶどうと軽く揚げたオニオンが乗せてあるスタイル。

混んでいる時間を避け、11時半ごろに梅田まで行って無事、カレーを食せた僕でした♪




ただ・・・

美味しかったのですが、昔食べたより甘みが少なくなっていたので味が変わってました。残念です。
[PR]
# by keishi-keishi | 2009-01-25 19:49 | 料理・食べ物

雑記

今日は三宮に直出であった。午前中はその仕事にかかりっきりになると思ったのだが、思いのほかスイスイ進んで11時過ぎには大阪に戻ってこれた。

そのまま会社に戻ると昼休みに入るか入らないか微妙な時間だったので、「飯を食べるか」「とりあえずまっすぐ帰るか」を思案していた。
なんとなく決めきれないまま淀屋橋まで戻ってくるとcafeの看板を見つけたので軽くサボりモードで1杯だけコーヒーを飲むことにした。

で、行ったのがmole
人も少ないし、金庫を改造した店の雰囲気もOK。コーヒーも美味しい。fanになりました。
地下鉄を出て会社までの道のりにあるので、ちょくちょく寄れそうです。



夜は久しぶりにコンパでした。後輩が開催してくれたのですが、気も使わずのんびりした飲み会にだったので楽しく飲めました。お友達にはなれそうな感じです。
[PR]
# by keishi-keishi | 2009-01-22 23:50 | 日記

1年も経ってしまった

以前、解決ビフォアーアフターのことを書いたが、結局開いている時間にあわなくて行かずじまいになっていた。
たまたまだが、なじみのbarのお客さんがその店で先週の土曜日にスラムダンクを全巻借りた話を聞いた。


またもや行きたい気持ちがウズウズし始め、今日寄ってみた。



感じの良いおばあちゃん。店はとても静か。絶好の環境です。

正直、くせのある年寄りがやっているのかと思っていたんだけど、素朴なかわいいお婆ちゃんで、速攻ファンになりました。

本を借りるという意味での常連になりそうな感じ plus お婆ちゃんのファンで茶菓子とか持って寄ってしまいそうな感じです♪
[PR]
# by keishi-keishi | 2009-01-21 00:23 | 日記

雑記

二日目に筋肉痛。

腿やふくらはぎなどではなく「臀部」

翌日に筋肉痛が現れるのではないので「爺」です。

でも、痛いのが「臀部」ってのは良い感じかも。

来週も天気が良ければ長距離するかな・・・
[PR]
# by keishi-keishi | 2009-01-20 00:17 | 日記

献血

自転車で出ようと思ったのだが、あいにくの雨。阪神で梅田まで出る。

ヨドバシに行こうと思いJR大阪駅を通り過ぎようとすると松葉を上がったところでいつものように献血車が来ていた。
「そういえば最近していないな」と思い受付をすませ血を抜いてもらう。

終わった後、パイプ椅子に座ってお茶を飲んでいると

「30回目なので記念品をお持ち帰りください」

とのこと。献血カードを見るとちょうど30回目だった。

f0027255_17114543.jpg


確か初めて献血をしたのが学生の時。学校に献血車が来て希望者のみ実施したような気が・・・ そのときは「終わったあとにジュースをもらえるので」とよこしまな思いで参加していた。
その後、祖父が手術をする機会があり、まじめに献血をするようになる。

f0027255_1720144.jpg


記念品って何かを思いあけてみると。こんな感じ。ガラスのお猪口。

f0027255_17202997.jpg


冷酒を飲むときにちょうどよさそうです。あとは珍味を少し盛ってみるのもありかな。

作者「多田美波」と記載あったので調べてみました。

85歳の女性の方でした


同封されたカードには

みんなが幸せに生きて行ける世の中である様に、何か、少しでも人の役に立ちたいと思うのは誰しも同じでしょう。
例え、何かをしても、中々目に見えて来ないと、本当に人の為になってるという意識がはっきりしないものです。
それを見ることが出来る様なものがあれば、自分の心も楽しくなって自信が湧いてくるのでは、・・・とそんなものを作って見たいと思いました。


とありました。
[PR]
# by keishi-keishi | 2009-01-18 17:41 | 日記